交通事故の発生件数は、全体的にはここ10年減少傾向です。
しかし、年齢別では少子高齢社会ということもあり、お年寄りの方の事故増加が最近のNEWSでも話題になっています。

『老年の悲劇は老いているところにはなく、まだ若いと思うところにある。』

     ~ 19世紀 イギリスの作家 オスカー・ワイルド ~

事故を回避できる自信があるという年代別データ(NHKクローズアップ現代より)

0ac763239af9009419881e79acded450

(出展:http://blog.esuteru.com/archives/8246298.html)

何よりも長年の自分の経験則を優先してしまう。
更に、事故を回避するための時間的余裕は、若者とお年寄りでは 0.7秒も違う!
え?  大したことないって?  いやいやそんなことは!
時速 60㎞で走行すると 0.7秒間で約 12mも進みます!

 

事故を防ぐ方法とは…

高齢ドライバーの方へ

・早めのライト点灯や安全な速度での走行を心掛ける。
・講習会や実技研修、運転適性検査などを活用して運転能力チェック。
・高齢者マークの表示。
何よりも無理をしないことが大事です!!

 

周囲のドライバーの方へ

・高齢ドライバーの方への思いやり
・幅寄せや割込みをしない。

 

高齢ドライバーご家族の方へ

変化に気付き暮らしぶりに配慮を!
運転能力を低く扱うのではなく、見守ることも大事です。
免許証の返納を促してあげるのも愛情の一つだと思います。
返納した免許証の代わりに身分証にも使える「運転経歴証明書」を申請することができまよ。

 

誰も悲しまずに日々のドライブや車そのものを楽しめるよう思いやりを
wwkeieirinenn

LYZER事業部 入社2か月 ブログデビューでした。

LINEで送る
Pocket