こんにちは(^◇^)

本日はエンジンオイルに関して書いてみます。

エンジンオイルの働きには大きく5つの働きがあります。

潤滑:冷却:防錆:密封:洗浄

エンジンオイルはエンジンにとってとても大切な働きをしています。

1

潤滑:金属摩擦を低減させてエンジンをスムーズに作動させます。

冷却:エンジンを冷やしオーバーヒートを起こさないようにします。

防錆:水分、酸で生じる錆や腐食を防ぎます

密封:シリンダーとピストンリングの隙間を密封します

洗浄:エンジン内で発生したスラッジを落としエンジン内を綺麗にします。

 

エンジンオイル交換をしないとこの写真のような状態になってしまいます。

乗り続けるとエンジンが壊れてしまいます。

さて、エンジンオイルの交換時期はどれくらい?

こまめに交換する人は3か月または3000kmで交換します。

一般的には6ヶ月または6000kごとに交換をお勧めします。

「6ヶ月経ったが2000kmしか走行していないのでまだオイル交換をしなくていいだろう」

と思う方がいると思いますが、オイルは空気に触れているだけで酸化して劣化するので

6ヶ月経ったら交換しましょう。

 

3-1

 

 

エンジンオイルには、粘度の種類があります。

自車の取り扱い説明書にオイルの種類と交換に必要な量が記載されています。

最近の低燃費車だとほとんどが0W-20が使われています。

ターボ車の場合は比較的粘度の高いものがつかわれます。

自分の車にあった粘度のオイルを使用してください。

4

 

それからエンジンオイルにはいろいろな添加剤が配合されています。

5

 

オイルエレメントの交換時期は、オイル交換2回に1階は交換をお勧めいたします。

1年に一回は交換してください。

 

6

秋になりドライブシーズンとなります。

最近オイル交換をされていない方は、出かける前にオイル交換をして出かけてください。

燃費も良くなり、エンジンもスムーズに回り気持ちよくドライブができますよ(^_-)-☆

 

エンジンオイル交換は定期的に交換して快適なカーライフを送ってください(^^♪

ハッピーカーライフ!!!!!!

ce937cc185

 

LINEで送る
Pocket