みなさんどうもこんにちは~(*^▽^*)

最近自分の周りが「5月病だぁ~」となって体調を崩す人が多いです(汗)

そんな中自分は?となった時に全然元気で5月病とは?と思える程元気です♪♪

5月も後半になってきたので5月病には気を付けましょう!!

今回記事で書くのが、イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは5月16日、



「アヴェンタドールLP750-4SV」がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、7

分を切る

6分59秒73のタイムで周回したと、発表した。



(ニュルブルクリンクコース)

同車は3月、ジュネーブモーターショー15で初公開。「アヴェンタドールLP700-4」

をベースに開発された最強グレード。「スーパー・ヴェローチェ」※略してSV は、

ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミングである。



ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、専用チューニ

ングを実施。最大出力は、プラス50hpの750hp/8400rpmを獲得する。カーボンフ

ァイバーの使用により、50kgの軽量化も実現。

この結果、0-100km/h加速2.8秒、最高速350km/hの驚異的な性能を実現した。



今回は、ランボルギーニは、アヴェンタドールLP750-4スーパー・ヴェロ-チェは、6

分59秒73のベストラップの計測。ランボルギーニ社は、

「神話的ば7分の壁を破った」

と、コメントしている。

圧倒的なパワーを出せるSVだからこそ出せるスピードな気がします。

実際に目の前でどれくらいのスピードが出せるのかが見てみたいものですね( *´艸`)

LINEで送る
Pocket