こんにちは+.(・∀・)゚+.゚
お正月休みボケもそろそろ解消されて仕事モードになってきた今日このごろ
オートサロン出展の為の準備で慌ただしく過ごしております(;д;`((Б(・ε・`)
忙しいことはありがたいことです!

今朝コンビニに寄ったら「七草粥」セットが売っていて
コンビニにはなんでも揃ってるんだなーっと関心したのですが、

私の味覚での話になってしまうのですが、
けしておいしくはないお粥をなぜ食べるのかと・・・??(;д;`((Б(・ε・`)

調べてみてわかったのですが、
それもそのはず!!

七草粥食べる理由として
■一年の無病息災を願って
■お正月食べ過ぎや飲み過ぎてしまった方の胃を休めるため
と、このように別に味が美味しいとかではなく、立派な由来があったんですね。
浅はかな考えだったことを反省してますm(__)m

芹(セリ)
薺(ナズナ)
御形(ゴギョウ)
繁縷(ハコベ)
仏座(ホトケノザ)
菘(スズナ)
蘿蔔(スズシロ)
を、七草をまな板でこまかく刻んで、それからお米の入った鍋に入れて煮るのが現代ではスタンダードな作り方だそうです。

現代では七草粥を食べる習慣が無くなってきているそうです(/TロT\)

七草粥を食べる習慣が生まれた背景には、昔の厳しい食糧事情もあったようです。

寒い冬は野菜がならないので、新鮮な野菜は食べられず、当然、野菜不足(ビタミン不足)になり?
それをどこにでも生えているような野草で補おうと言うのが発想の原点にあったらしいのです。

現代ではビニールハウスなどの温室栽培で真冬でも野菜が豊富に収穫できるので、あえて七草粥を・・・
となってしまうかもしれませんが、日本古来の大切な文化が続いてくれればいいと
思いながら今日のご飯にしようと思います(*´▽`*)

LINEで送る
Pocket