ドリフト(Drift)とは、流れ漂うこと。漂泊。

上記から意味が転じて、自動車の運転技用語の一つとしても使われる。こちらはドリフト走行or走法、または単にドリフトと呼ばれる。このページではこちらについて解説する。

概要
ドリフト走行とは、車の横滑り現象を利用して、滑りやすい場所での方向転換に用いられる技術。
イタリアの伝説のレーサー、タツィオ・ヌヴォラーリが現在の四輪ドリフト走法を生み出したと言われる。

パワースライド、ブレーキングドリフト、慣性ドリフト、サイドターンなど、様々な技法がある。

F1などの各種レースで使われてきた運転技法だが、タイヤや車体姿勢制御の性能の向上により舗装路でのレースなどには向かなくなったため、現状ではパフォーマンスの要素が強い走法となってきている。
ただしジムカーナのように急旋回をする場合やダートや積雪路などの摩擦係数の低いコースを走る場合には現在もなお有効な技能と言える。

とても綺麗にドリフってますね!!!!

ドリフト走行時は意図的にタイヤを滑らせている状態となり、スピンをおこし完全に制御不能となり事故を起こす確率も高くなる。
しかし、ドリフト仕様の車は、D1仕様といったサーキットでのハイスピードなドリフトを想定した車両を除いて、限界が低く調整してあり、事故を起こしたときも大きな被害はない。

ドリフト走行を行うには、路面状況によるがある程度の速度が必要で法定速度を超えてしまったり、車体を斜めにして走るため公道ではセンターラインを超えてしまう。

というか仮に速度も守ってセンターラインを割らなかったとしても、安全運転義務違反と解釈されるだろう。これらの理由からサーキットでの走行が基本である。
ドリフトを題材とした漫画、映画も数多く存在する。

なんとガヤルドがドリフト迫力~~~~!

弊害

mso-bidi-font-size:11.0pt;font-family:"Century","serif";mso-ascii-theme-font:
minor-latin;mso-fareast-font-family:"MS 明朝";mso-fareast-theme-font:minor-fareast;
mso-hansi-theme-font:minor-latin;mso-bidi-font-family:"Times New Roman";
mso-bidi-theme-font:minor-bidi;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:
JA;mso-bidi-language:AR-SA’ lang=’EN-US’>color:#0066CC;border:none windowtext 1.0pt;mso-border-alt:none windowtext 0mm;
padding:0mm;mso-font-kerning:0pt’ lang=’EN-US’>
color:#303030;mso-font-kerning:0pt;mso-ansi-language:EN-US;mso-fareast-language:
JA;mso-bidi-language:AR-SA’>近年巷の子供からオジサンまでに名の知れ渡ったドリフトであるが、頭文字Dなどに感化された若者が公道を夜な夜な暴走しては、自爆までならまだしも、店や民家に突っ込む事故を起こしたり、スキール音による騒音被害と言った弊害も発生しており、行政側もセンターポール設置などの対策に乗り出しているのが現状である。
とは言っても面白そー(^^)

ドリフト走行は、サーキットでやりましよう\(^o^)/

LINEで送る
Pocket