飲酒運転は法律で禁止されております。

一口だけなら大丈夫とかで飲んでも飲酒運転となり法律で罰せられます。

今回は飲酒運転で招いた事故についてブログを書きます。

7月19日午前6時15分ごろ、愛知県豊川市内の県道を走行していたトラックが、

路外に逸脱。

道路右側の歩道に乗り上げ、歩いていた13歳の女子中学生に衝突をする事故が起きた。

女子中学生は重症。警察はトラックを運転していた63歳の男を現行犯逮捕している。

愛知県警・豊川署によると、現場は豊川市平井町付近で片側1車線の直線区間。

トラックは斜行するようにして対向車線側へ逸脱。

道路右側の歩道に乗り上げ、歩いていた13歳の女子中学生に衝突。

さらに前進を続けて標識柱に突っ込んだ。

中学生は近くの病院へ収容されたが、頭部強打の重傷。警察はトラックを運転していた

豊橋市内に在住する63歳の男を自転車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯

で逮捕している。

男からは酒気帯び相当量のアンコール分も検出しており、聴取に対しては「前夜に自宅で酒を飲んだ」

などと供述しているようだ。警察では道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑でも

調べを進めるとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

~ここで出た道路交通法違反(酒気帯び運転)になってしまった場合~

※運転者に対する処罰※
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

運転手が飲酒運転をしている車に同乗していた際
※運転手以外の周囲の責任についての処罰※
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

運転をしていなくても運転手と同じ処罰を受ける事になります。

ほんの一口だけでもとの油断でその人の人生を駄目にしてしまいます。

飲酒運転!ダメ!ゼッタイ!!

LINEで送る
Pocket