皆様こんにちは!
ブログ書くことをすっかり忘れていました・・・
大変申し訳ございません・・・

はい!切り替えていきましょう!
ということで、、、何書こうかなー・・・。

ふと疑問に思いました・・・
なんで車の後部座席の窓ってなんで全部開かないんだろう・・・。
全開にして気持ちよくドライブしたくてもできないじゃないか!(車持ってないですけど・・・)
まったく!なんでこんな構造にしたんだ!
私は色々調べることにしました・・・。

諸説あったので少し紹介していきましょうかね・・・。

1.暴走族説

 1970年代~1980年代の暴走族が後部座席の窓を全開にしてハコ乗りをしていて、ハコ乗り防止のため出来ないようにした。

※本物のハコ乗りの画像を使用するのはちょっと怖いので、、、まぁこんなかんじですわ。

2.安全上説

 小さいお子様がいらっしゃる家庭などの奥様は悩んでいるのではないだろうか。そう、お子様の活発な活動に。それは車に乗っていても同じです。後部座席で活発な活動をしているお子様が後ろの窓を全開にしたら・・・。考えるだけでも恐ろしい。
 こういった安全面も考慮した際全部開けるのはやめよう!という結果になったのでしょうかね。

ほら、いかにも活発そうな子供たち・・・
シートベルトをしているのも今だけでしょうね。

3.そもそも説

ガラスの面積を大きくしたため、ドアの中に納まらなくなっただけ。

やっぱ個人的には安全面の説がそれっぽいなーって思いましたが皆様はどうでしたか?

だいぶいい感じに流して書いてしまいましたが今日はこの辺で失礼いたします!

LINEで送る
Pocket