ユーザー車検(検査ライン編)


検査ラインを通すコツ色々!(自動検査ラインの場合)

ユーザー車検でラインに入る前に、陸運局付近の予備検査場で予備検査を受けてから検査ラインに入ってください。ほぼヘッドライトの光軸が基準から外れている場合が多いためです。

同一性の確認:車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるかの確認。
車検証に記載されている車台番号、エンジン型式を現車確認されます。
慌てないよう自分の車の車台番号がどこにあるかを事前に確認しておいたほうが良いと思います。エンジン番号はエンジンに刻印してありますから検査員に確認してもらってください。

外廻り検査:自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認。
社外のオーバーフェンダー取り付け(車幅の変更)、ローダウン、ハイリフト(車高の変更)
外寸が変わる場合は車検証の記載変更が必要となります。変更がなければそのままで大丈夫です。
灯火装置(ヘッドライトハイビーム、ロービーム、ウインカー、スモール前後、ストップ、ナンバー灯、バック、ハザード)それから各レンズの割れも見られます。
メーター内のバルブ切れも確認されます。よくあるのがシートベルト警告灯切れで車検が落ちてしまうことがよくあります。車検の時は必ず灯火装置は点検してから検査ラインに望んでください。
ホーン、ワイパーの動き、ウィンドウウォッシャが出るかの確認
この時にホイールのナットも締まっているかも確認されます。
よくヘッドレストを外している車を見かけることがあります。ヘッドレストがないと車検は通りません。

サイドスリップ検査:前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認。
サイドスリップテスターを通る時のコツは、必ずゆっくりと侵入してください。
勢い良く侵入してしまうとサイドスリップを計測するプレートが大きく動きすぎて不合格になってしまいます。目安は忍び足でゆっくりと歩く感じのスピードです。時速1キロぐらいですかね(^^)この時ハンドルは回さないでください!

ブレーキ検査:前輪、後輪、及び駐車ブレーキの制動力の確認。
ブレーキ検査スタートでタイヤが乗っているローラーの回転が始まります。
前方の指示板にブレーキを踏んでくださいと表示が出ます。
ここがコツです!ブレーキペダルを一気に踏み込まないようにしてください。
ゆっくりジワーっと踏み込んでください制動力がしっかり出ます。
サイドブレーキブレーキも同様で、ゆっくりと操作してください。
スピードメータ検査:実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認。
40キロでのメーターと実際のスピードの誤差を測定します。
テスターに乗っている状態で、スピードメーター検査のスタートです!
ゆっくりと40キロまで加速していきメーターが40キロになった所でパッシングをします。それで実際のスピードとメーターのスピードの誤差を測定します。注意!HIDのH4H/Lにバルブを交換している場合は、パッシングしても最初光量が不足しますので40キロをキープして何回かパッシングを繰り返してください。
危険注意点!急発進、急ブレーキは絶対やめてください。ラインから飛び出してしまう危険があるからです!それとハンドルから手を離さないですださい!
事実検査ラインの事故はたまにあるみたいですよ!

ヘッドライト検査:ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認。
スピードメーターの検査が終わったらそのままヘッドライトの検査に移ります。
ギアをニュートラルに入れ、サイドブレーキを引きます。
ヘッドライトをロービームにします。
テスターが自動的に動いて検査します。この時のコツはエンジン回転を800回転ぐらい少しだけ上げてください。発電がしっかりされてライトの光が強くなります。
予備検査にて光軸調整してあれば問題なく合格すると思います。

排気ガス検査:排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認。
エンジンをアイドリング状態で検査のプローブ(1メーターぐらいの棒状の物)
をマフラー内に挿入します。15秒ぐらいで検査結果は表示されます。
この検査もプローブをマフラーに差し込めばテスターが勝手に診断します。

ここまで一度、検査用紙を検査結果印字機に差し込んで印字してください。
方向を間違えないように注意してください。

下廻り検査:車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認。
最後に下回り検査です。ここでは各ブーツ類(タイロッド、ステアリング、ドライブシャフト等のゴムブーツ)切れ破損がないか?ボルト類の緩み、マフラーの排気漏れなどの点検を行います。ここで何か問題があれば(ブーツ切れなど)車の下にいる検査員に呼ばれますので検査書類を持って下に行って不具合の說明を聞いてください。

そのような事が無いように、車検を受ける前は必ず下回りを覗いて各ゴムブーツの切れ、マフラーの排気漏れぐらいは見てから車検を行ってください。

下回り検査が終わりましたら、また合格の印字をしてください。

全ての検査が終了したら最後にラインの出口に総合判定室があるので書類を提出して
総合判定の合格印をもらってください。

以上、車検を通す際の検査ラインでの合格のコツを紹介いたしました。
陸運局によって検査の順番が異なるので予め見学をしてから検査ラインに入ってください。

頑張ってユーザー車検頑張ってください。(^O^)

http://www.w-w-light.com/