こんばんわ。

先日弊社のブログ内にてスッテカーの投稿があり私も何気なくよく見るものと

思って見ていましたがネットを検索しているとこのステッカーのできた理由には

大きな意味があると知り本日アップさせていただきました。

あなたはこのステッカーの意味をご存知ですか?

「赤ちゃんが乗ってるから、
 無理に近づいて事故おこさせないでね。」

という意味で、初心者マークと同じで

「赤ちゃんが産まれたら貼りましょう。」

という風に思っていた方は
多いのではないでしょうか??

でも実はこんな話があったんです・・・

この赤ちゃんマークには隠れた
悲しき秘話がある。

それは80年代のアメリカで高速道路を
運転している女性が事故をおこしてしまう

女性は重体となり3日ほど
意識が戻らなかった。

そしてなんとか意識を取り戻して
最初に発した言葉は

「私の赤ちゃんはどこ?」

であった。

しかし医者は女性に子供が
いたとは認識しておらず
すぐさま警察に確認の電話をした。

警察もその存在を確認して
いなかったので、あわてて
事故車両の中を探すと
後部座席の下ですでに
冷たくなっている
赤ちゃんを発見する。

赤ちゃんには目立った外傷もなく
母親と同時に発見されていれば
助かったであろう命だったそうだ。

この教訓を踏まえて
あのステッカーは開発された。

そう、あのステッカーの
本当の意味は、、、、

「事故車両の中に赤ちゃんがいます。
 一番に助けてください」

という意味なのだ。

注意喚起の黄色でもある。
事故の際『真っ先に助けてください!』
のサインであった。

確かに事故の場に居合わせたら
その存在に気づけますよね。

世の中たくさん標識にも
裏話ありますが、安全運転で
事故をおこさないのが一番です。

大切な命が失われないために、
このステッカーがあるのですね。
引用http://ruisenhoukai.com/983

今までは走行車に知らせる目的等と考えていましたが
実際はよく考えて見ると警告の色使いになっていますし
本当の危機的状況等でもしっかりと役割を果たすステッカーと知り
とても感心いたしました。世の中にはまだまだ商品できた意味や歴史をしらないことも多くあると想います。
今後も商品をよく調べこのような形で皆さんに知っていただけるようにしていきたいですね。
LYZERの目的HAPPY CAR LIFEに近づけるよう今後も情報発信をしていきますよ

LINEで送る
Pocket