皆様こんにちはー!!

月末の月曜。僕大好きです!

さて、

皆様、突然ですがシーケンシャル点灯ってご存知ですか?

僕には何の事だかさっぱり。

多分あれです、「流れるウインカー」の事です。


そうそう。これですよ。

流れているのが分かりますか?

なぜ、今この話題なのか?

以前は法律で禁止されていましたが、

世界中の自動車メーカーの風を受けて

日本でも晴れて改定されたからでございます!!

ということで僕も先ほど「流れるウインカー」として名前を出しましたが、

「シーケンシャル点灯」とは連鎖式点灯の意であり、

その名前が表す様に順番通りに

連続して点灯しなければなりません。

つまりランダムな点灯はダメと言う事ですね。

流れるウインカーのままで車検で合格させる為には

以下の条件があります。


①点灯パターン

流れるパターンはリレー機によっていろいろなパターンがありますが、

車検に通るパターンは1つだけです。

1個目のLEDが光ったまま次々と積み上げられて行くパターンです。

8個目のLEDが消えるまでは他のLEDは消えてはいけません。

②ウインカーの点滅周期は毎分60~120回

結局、ウインカーはウインカーなので、

通常のウインカーと規則は同じです。

③ウインカーの点滅速度は一定であること

ウインカーの点滅速度は一定であること。

最初早くて後から遅いというのはNG!

④ウインカーの光は内側から外側に向けて流れる事

⑤流れ方は左右対称であること

ウインカーなのでもちろん動きが左右対称でないといけません。

とまぁ色々条件はありますが、

しっかり規定を守れば車検は通ります!

現にアウディやNX・RXの様なお車は装備されていますし。

「いいから早く見せろよ!」だって?

では!

実際に見ていただきましょうか!!

アウディ A8

レクサス RX

アウディ TT

あひゃ~^^

たまりませんな。

ウインカーもどんどんオシャレになる時代ですな。

この技術を生かす商品が作れないか、

日々模索中でございますので、皆様密かにお楽しみに。笑

自動車の技術は日々進化しております。

我々もメーカーとしてお客様の御心をくすぐる様な商品を

作っていく所存ですので、これからも「LYZER」を

何卒宜しくお願い致します!!

では、本日はこれまで!!

また来週の月曜日にお会い致しましょう!!


LINEで送る
Pocket