雪道運転のコツを紹介します。

まずは(急)とつく運転操作はしてはいけないことです。

急ハンドル!、
曲がろうとして急にハンドルを切ってもハンドルが
切れたまま滑っていきますので曲がれません。

急ブレーキ!
急にブレーキを踏んでも滑りやすい路面ではスケートリンク
の上を滑るみたいになります。

急加速!
走り出すときにアクセルを開けすぎると滑る路面では
タイヤがグリップしなく前には進まず空転してしまいます。

このようなことを踏まえたうえで雪道運転は
どのようにすれば良いか考えてみましょう

まずはゆっくりアクセルを踏んで行きタイヤのグリップを確かめながら開けていきタイヤが空転したらアクセルをゆるめて再度ゆっくりアクセルを踏みます。滑りやすい路面ではこのアクセルの優しい操作を繰り返していくことで車が前進していきます。

さて、交差点に近づきました。左折します!この時に急なハンドル操作はとても危険です。
まずは曲がろうとする手前で十分に減速することが重要です。
ここで急ブレーキを踏んでしまうと逆効果でタイヤがロックしてしまいハンドルも効かない状態でどこに行ってしまうかわからない状態になってしまいます。
ブレーキ操作で重要なポイントは、停止するかなり手前から何回かにわけてブレーキペダルをふむことです。(ポンピングブレーキ)こうすることでスピードがゆっくり遅くなりブレーキペダルを強く踏む操作は避けられます。
今はABS付きのブレーキシステムも多くの車両に標準装備になっています。このABS(アンチロックブレーキシステム)は、タイヤが強いブレーキ操作でロック状態になった時に、一時的にブレーキをゆるめてロック状態をなくす操作を機械的に行っています。
障害物に急に直面した時に、このシステムによってブレーキ踏みながらでもハンドル操作ができるようになり障害物から逃げることが出来ます。滑りやすい路面でもブレーキを踏みながらでもステアリング操作が出来る様になります。しかしスピードオーバーではどんな装置が付いていても事故りますてどね!

夜間走行ではヘッドライトはロービームで
走行してください。

ハイビームだとこんな感じです。

雪に反射して前が見えなくなってしまいます。

雪道での夜間走行はヘッドライトの光が
反射してとても見難いです。

特に雪道ではヘッドライトの光色によって
見やすさが変わってきます。

白色だと雪の反射が強くて路面の状況がわかりづらく、
ハロゲン色のように黄色味が入っていると反射が軽減されてとても路面が見やすくなり安全です。

そこで今、LYZERが推奨しているのがHIDのハロゲン色です。
いままででは6000kの白色が主流でしたが最近では
このハロゲン色も人気で、特に年輩のお客様に
好まれています。


とても暖かい感じの色味です。なんかホッとしますね(^^)
HIDなので純正ハロゲンよりもかなり明るいですよ!

まとめ 
雪道では、スピードを控えて急な操作は
してはいけなことですね❢

LINEで送る
Pocket